2010年07月08日

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろを手術した体験談

足の裏のほくろを手術した体験談

以前、「気になるほくろの観察は3ヶ月スパンで」ということで
知り合いの足のほくろの写真を載せました。

足の裏のほくろ1

以前の写真は2006年03月18日に載せたので、
あれから4年ちょっと立ちましたが、

先日、かなり大きくなってしまったようです。
(撮影は2010年6月)

足の裏のほくろ2


実は、その知り合いが三ヶ月前に医者に行ったところ、
かなりほくろが大きくなっているということで、
今後、メラノーマの可能性があるということで、
医者から手術を進められたということです。

足の裏のほくろの手術は3ヶ月待ちということで
3月に病院の予約をして、6月にほくろの手術をしました。

写真も快く提供頂いたので、掲載します。
以下が、ほくろの手術あとです。

手術したほくろ

手術の後が痛々しいです・・・・

体験談も聞きまして、載せて良いということなので
今回話を聞いたのですが、麻酔をうっているときは
それほど痛くなかったそうなのですが、麻酔が切れた後は
相当痛いと言っておりました・・・

手術をした後は、2週間近く歩かない方がよいと言われたそうですが、
お子さんが2人いて、幼稚園の送り迎えとかしないといけないので
数日旦那さんにお休みをとってもらい、あとは
サンダルを履いて、子供の送り迎えをしたと言っておりました。

ネットで調べると、人によって、
足のほくろの手術ははお産よりも痛い、
という方もいるようです。

上のほくろをとた方のほく話では、足の指のほくろについては、
まだ我慢できるくらいの痛さだったそうですが
足の裏のほくろについての体験談も別の方から聞く機会があって
聞いたところ、松葉杖歩きで、普通にはしばらくまったく歩けなかったとのことです。

足の指のほくろより、足の裏のほくろの手術の方が痛いようですね。

抜糸は3週間ほどかかったようです。
これから足の裏のほくろを手術する方の参考に少しでもなればということで
今回体験談を載せさせてもらいました。
posted by まい at 23:00 | Comment(1) | 足の裏のほくろ

2006年03月19日

ほくろのすべて足の裏のほくろ足裏ほくろ診察体験談

足裏ほくろ診察体験談

先日私の知り合いが、
足の指に出来たほくろを検査してもらうために皮膚科を受診しました。
ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法
ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)
手と足の良性・悪性(メラノーマ)の仕方:指紋で見分ける」)

病院を決める際ポイントにしたのが、次の2点だそうです。

・皮膚科専門医の認定を受けている病院
・ダーモスコープを用いてほくろを診察してくれる

ネット検索したところ、
都内の個人病院では4件ほどヒットしたそうです。

診察自体は、お医者様の詳しい説明も含めて15分ほど、
診察代も千円出しておつりがくるくらいだったようです。

いきなり大学病院や総合病院では敷居が高いので、
美容専門ではない皮膚科の個人病院が近くにあったら、
悩まず受診してみるといいですね。
万が一の場合には大きな病院を紹介してもらえます。
posted by まい at 23:24 | Comment(0) | 足の裏のほくろ

2005年11月04日

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろ:年齢時の注意

足の裏のほくろ:年齢時の注意

足の裏のほくろについて、
足の裏のほくろができた場合、注意するというのは本当?
「足の裏のほくろの切除目安」

で記事を掲載しましたが、他に年齢時の注意として、癌年齢が30〜40歳ということから
その年齢時に、足の裏に大きな黒光りするぐらい黒いしかもまわりにインクが染み出したように拡がるものは
要注意したほうが良いという記述がありました。

このような状態になりますと専門医が診ればほぼ100%診断できるそうです。

ただ、小さい茶色のほくろの場合は判別が難しく、90〜95%は良性のほくろで悪性黒色腫ではないそうですが
残りの5〜10%も癌でないと保証できないそうなので、
実際にこれを保障してもらうとなると、切除して組織学的に(顕微鏡で悪い細胞がないかどうか)調べるしか方法がないようです。

参考URL
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/shharada/nevus.html
posted by まい at 16:32 | Comment(0) | 足の裏のほくろ

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろの切除目安

足の裏のほくろの切除目安

「足の裏のほくろの切除目安」についての記事を見つけましたので掲載しますね。

以前、足の裏のほくろについての記事を書きましたが
足の裏のほくろができた場合、注意するというのは本当?

足の裏の黒子(ほくろ)で色が黒みがかかっていたり、
急に大きくなったり、出血したり、盛り上がってきたりするものが注意の対象のようです。

また、一般的にほくろの色調が濃く、直径が7mm以上のものは
早めに切除した方がよいと言われているそうです。

7mmというと結構な大きさではありますが、
ちょっと大き目のほくろがあると気になってしまうものなので
こまめに定規などでほくろの大きさをはかるのが良いかもしれませんね。

参考URL
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/khoken-i/kentele/pages/1995/09/9509668.htm
posted by まい at 16:32 | Comment(0) | 足の裏のほくろ

2005年09月26日

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろができた場合、注意するというのは本当?

足の裏のほくろができた場合、注意するというのは本当?

以前、悪性のほくろについての記事を書きましたが
http://hokuro.seesaa.net/article/7329576.html
足の裏のほくろができた場合、注意が必要と聞いたことがあります。

皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

また足の裏でのほくろの検索が当ブログで多いことから
気になる方もいらっしゃるのではないかと思います。

さて、足裏のほくろのどのようなものに気をつけたほうがよいかということですが

以前、日本人のほくろが多くできるというところで
「足の底」「爪の下」「粘膜」にできるということを書きましたが
「足の底」の「悪性黒色腫」に気をつけた方がよいということのようです。

参考URL
http://catsdr.web.infoseek.co.jp/byouki/docs/QA0040.htm
http://luckydog.seesaa.net/article/8743788.html
posted by まい at 12:12 | Comment(7) | TrackBack(1) | 足の裏のほくろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。