2005年11月04日

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去で使うルビーレーザーとヤグ・レーザーの違い

ほくろ除去で使うルビーレーザーとヤグ・レーザーの違い

ほくろ除去に用いられるルビーレーザ法、ヤグ・レーザー法など
メラニン色素に反応するレーザー光線で、ほくろの色を少しずつ抜いていく方法を掲載しましたが
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)
ルビーレーザーとヤグ・レーザーの違いとして

・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は2秒に1回しか照射ができないので、遅さがある
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)では毎秒10ショットでQスイッチにて照射(つまり早いということだと思います)
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)よりも「浅いところ」でとどまり、「深いところ」まで到達致しない
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」の照射のあとは極めて表面に近いメラニン色素は一度の照射だけでも理論的には消える
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」の照射のあとはメラニン色素が蒸散されずに皮膚にこびりついて残っている
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は次回照射まで日をおかないとどのくらいメラニン色素が消えてくれたのかが判断し難い
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)では照射すれば回数は多ければば多いほど消えていく
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)はリアルタイムでメラニン色素の蒸散が判断できる
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」はリアルタイムで判断でき難い

以上をまとめると、即効性(リアルタイムでわかる)というのであれば、ヤグ・レーザー、
長い単位で治療してもよいというのであれば、ルビーレーザーでもよいという感じでしょうか。
あとはほくろ除去で、レーザー治療に関する値段とかもかかわってきますよね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/548763498039083.html
posted by まい at 16:53 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろをレーザーで除去する場合に麻酔は必要か?

ほくろをレーザーで除去する場合に麻酔は必要か?

ほくろをレーザーで除去するには、2つの方法があり、
(1)炭酸ガスレーザーを使って、メスをレーザーのように使いほくろをとる方法
と、
(2)ルビーレーザーやヤグ・レーザーのように、メラニン色素を徐々にとっていく方法
があるという話は過去に書いていますが
レーザーによるほくろ除去に麻酔が必要かどうかを調べてみたところ、
(1)炭酸ガスレーザーを使って、メスをレーザーのように使いほくろをとる方法では、
結構痛いらしいので、麻酔は基本的に必要のようです。

一方、ヤグ・レーザーのようなほくろの除去法は
「ほくろ除去で、ヤグ・レーザー法で1回でどの程度、当てられるか?」
でも書きましたが、麻酔は不要のようです。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/463736433376656.html
posted by まい at 16:37 | Comment(2) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去で、ヤグ・レーザー法で1回でどの程度、当てられるか?

ほくろ除去で、ヤグ・レーザー法で1回でどの程度、当てられるか?

ヤグ・レーザー法というほくろ除去を以前、記事に掲載したことがありましたが
(過去記事にあります
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)
になります)
このヤグ・レーザー法は、ほくろのメラニンを気体として飛ばす方法で、
麻酔をかける必要がないそうです。
そのため、翌日からお化粧ができるようですね。
ただし、通う回数が必要なので、そこが欠点でしょうか。

ヤグ・レーザー法で1回でどの程度の数のほくろを当てられるかということについて、
病院によっても違うのかもしれませんが、
参考URLに書かれています病院では、ヤグ・レーザー治療では、
1回で50個までの「ほくろ」であれば照射が可能という記述が掲載されていました。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/579503231755556.html
posted by まい at 16:35 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術直径2cmのほくろをレーザー治療できるのか?

直径2cmのほくろをレーザー治療できるのか?

直径2cmのほくろというと、相当大きいと思いますが
直径2cmのほくろをレーザー除去できるのか?
という記事を見つけましたので掲載しようと思います。

結論から言いますと、ほくろをレーザー除去はできるそうなのですが
レーザー治療を行うと、相当値段が高くなるようです。

理由としては、直径2cm1個のみで
直径2mmのほくろ100個分の「レーザー光照射」のエネルギーが必要なので
費用が高くなるとのことが掲載されています。

あくまで参考例ですが、直径2cmのほくろが5個ある場合に
1回の通院で16万円、
それを10回行う必要があるという記述が掲載されていました。

確かに安くはない値段ですよね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/782647852393897.html
posted by まい at 16:33 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去法:クリオサージェリー(液体窒素)

ほくろ除去法:クリオサージェリー(液体窒素)

ほくろ除去方法として、クリオサージェリー(液体窒素)を使う方法があるようです。

液体窒素は、いぼをとるときなどに使用することがあり、
私も液体窒素で治療をしたことがあります。

液体窒素とは、窒素が冷やされて液体になったもので
水の場合は、融点が0℃、沸点が100℃だから、0℃以下で固体、100℃以上で気体、その間では液体になります。
窒素は室温では気体で液体になる温度は「-196℃」なのですね。
その液体窒素を患部にあてる(私の場合、手にできものがあって、液体窒素をあてたことがありました)
これが結構痛いのですよね・・・・

しかし、今はほくろを液体窒素でとることはあまりないようです。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/430880192508088.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/242622368344204.html
posted by まい at 13:46 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

2005年11月02日

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去法:高周波サージトロン

ほくろ除去法:高周波サージトロン

ほくろ除去法で、高周波サージトロンという方法があるという記述を見つけました。

高周波サージトロンというのを使うと、色素を分解し、
小さいものだと、1つについて30秒くらいで終わると書かれていました。

ただ治療時に局所麻酔をうつようです。

ちなみに費用を見ると
直径2mm以内のほくろを1つとるに税込10500円
直径2mmより大きなものは大きさにかかわらず1つ 税込21000円
かかるようです。

参考URL
http://www.tadashii-hokuro.com/qa/qa1/qa1_main.html
http://www.tadashii-hokuro.com/qa/qa2/qa2_main.html
http://www.tadashii-hokuro.com/qa/qa3/qa3_main.html
http://www.tadashii-hokuro.com/price/pri_main.html
posted by まい at 18:17 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ手術をしている写真

ほくろ手術をしている写真

ほくろの手術をしようと、情報を集め、
このサイトに訪れる方もいらっしゃるかと思うのですが
実際にほくろの手術をしている写真が掲載されているところを見つけました。

http://www.kireine.net/tokusyu/toku0048/body.html

メスでのほくろの除去、それとレーザー治療によるほくろの除去を行っています。
レーザーはルビーレーザーを使っていまして、
ルビーレーザーについてのほくろ除去は以前このサイトでもご紹介しましたが
ほくろ除去法:ルビーレーザー法
ルビーレーザーを当てる時間は一瞬で終わるのですね。
posted by まい at 14:25 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

2005年10月26日

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろの除去法:電気凝固法

ほくろの除去法:電気凝固法

ほくろ除去として電気凝固法というものがあるようです。

電気凝固法は手の甲のホクロを除去するときに向いているようで、
電気の力でホクロを、かさぶたの様に薄く固めて取り除く方法のようです。

ほくろの除去というと、レーザーでメラニン色素を薄くしたり
メスのように切り取る方法だけかと思ったのですが
このようなほくろの除去法もあるのですね。

また電気凝固法が使える部位についてですが、
二の腕のほうも電気凝固法で出来きるようです。
しかし、切除したほうが後が目立たないかもしれないことがあり、
傷跡のことも考えると、一概にこの電気凝固法が良いとは言えないかもしれませんね。

参考URL
http://www.puchi.co.jp/qafile2/101694.html
http://www003.upp.so-net.ne.jp/onishi-iin/Pages/nevus.html
posted by まい at 10:21 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろの除去法:ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)

ほくろの除去法:ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)

ほくろ除去(ルビーレーザー法)は
平坦な多発性のほくろに使用するようです。

メラニン色素に反応するレーザー光線で、ほくろの色を少しずつ抜いていき、治療は1〜3カ月おきに行うようですが
色を完全に抜くためには数回(個人差があります)の治療が必要のようです。

時間と経費がかかりますが、ほとんど傷跡にならないメリットがあるようです。
場合によっては照射部位を防水フィルムで保護し、その間はお化粧は控える必要があるようです。

他にも、Qスイッチ・カグレーザーや
ヤグ・レーザーを使うことでメラニンを気体として飛ばす方法があるということいから、
ヤグ・レーザー法と呼ばれることもあるようです。

また、「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療の場合レーザー治療で
「麻酔は必要ない」という記述も掲載されていました。

また、いろいろな名称のほくろ除去レーザーを上記で説明しましたが
レーザーの説明として

・ルビーレーザー光
Qスイッチでも1秒間に1照射しかできない。無駄が多い

・アレキサンドライトレーザー光
「脱毛」で有名で直径が大きいビームでほくろには大きすぎ、波長もほくろ波長とは異なる。

・ヤグレーザー光
Qスイッチで1秒間に10照射以上できる。ビームが細く精密照射が可能
波長が最も適切

という特徴があるようです。

参考URL
http://www.tadashii-hokuro.com/ope/ope_main.html
http://www.hokuro.com/syurui_3.html
http://www003.upp.so-net.ne.jp/onishi-iin/Pages/nevus.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/430880192508088.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/614637338397191.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/413520010727556.html
posted by まい at 10:20 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろの除去法:炭酸ガスレーザー蒸散法

ほくろの除去法:炭酸ガスレーザー蒸散法

ほくろ除去(炭酸ガスレーザー蒸散法)は
良性皮膚小腫瘍の美容皮膚科的治療において、炭酸ガスレーザーの特性をよく理解し使用すれば極めて有用な治療機器となる
という記述が掲載されていました。

小さなほくろで、平坦かわずかに隆起するものに使用するようで、
ほくろそのものをレーザーの熱で蒸散します。
治療はおおむね1〜2回で完了するようですが、
場合によっては若干わずかに陥凹した傷跡になるようです。
またレーザー治療後は7日ほど軟膏の外用が必要という記述もありました。
場合によっては照射部位を防水フィルムで保護するようで、その間はお化粧を控えるようです。

ただし、通常の炭酸ガスレーザーで、ほくろを除去する場合は
メスのかわりに炭酸ガスレーザーを使うことが多いようです。

それと、欠点というか炭酸ガスレーザーによる除去(メスのように使う場合)
結構痛いらしいので、基本的には麻酔が必要になるという記述も有りました。


参考URL
http://www.zenniti.com/mokuji/derma/derma67.html
http://www003.upp.so-net.ne.jp/onishi-iin/Pages/nevus.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/430880192508088.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/463736433376656.html
posted by まい at 10:17 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろの除去法:くりぬき切除法

ほくろの除去法:くりぬき切除法

ほくろ除去に、くりぬき切除法というものがあるようです。

このくりぬき切除法は、顔のほくろに多く使われるほくろ除去法で
トレパンという皮膚外科で使われているメスで
顔のほくろを切除した後に、傷口の中で細いナイロン糸を使って縫い、
傷口をキュッと口をすぼめるように小さい穴にしてしまうほくろ除去方法のようです。

直径3mm以内のほくろでは、筒状のメスを用いて、丸く、ほくろの部分をくり抜いてしまい、
縫合せずに傷が縮むのを待つため、10日ほどのガーゼ貼付が必要のようです。

調べながらこの記事を書いていたのですが
映像が頭の中にくっきりと浮かぶ、かなり痛そうな治療ですね。
(実際は麻酔とか使用するでしょうから、そういうこともないのかもしれませんが)

参考URL
http://www.hokuro.biz/hokuro5.html
http://www003.upp.so-net.ne.jp/onishi-iin/Pages/nevus.html
posted by まい at 10:16 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろの除去法:切除・縫合法

ほくろの除去法:切除・縫合法

ほくろ除去法の1つに、切除・縫合法というものがあるようです。

漢字からそのイメージがつきやすいと思いますが、
切除・縫合法は、一直線状の傷跡にするほくろの除去する方法で

顔には自然なシワが多くある場合に、傷跡をシワに同化させてしまおうとする
ほくろの除去方法のようです。

このほくろの切除・縫合法は額のシワや目尻、目の下、鼻唇溝や、顎のラインなどにある
ほくろ(ホクロ)に適しているようです。

確かに顔の部分でもしわができやすいところでしょうか。

また当然、ほくろの切除・縫合を行なったところ、傷跡を縫うわけですが、
抜糸も行うわけで
外科的手術後、抜糸は約1週間でするようですね。

参考URL
http://www.hokuro.biz/hokuro5.html
posted by まい at 10:15 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去の種類

ほくろ除去の種類

ほくろの除去をする方法ってどんな種類があるのだろう?
ほくろの除去を考えている方であれば誰もが思う疑問ですよね。

ほくろの除去法は大きく分けると以下のような

(1)切除・縫合法
(2)くりぬき切除法
(3)炭酸ガスレーザー蒸散法
(3)ルビーレーザー法
(5)電気凝固法

などがあるようです。
それぞれのほくろ除去について調べてみました。

ほくろ除去法:(1)切除・縫合法
ほくろ除去法:(2)くりぬき切除法
ほくろ除去法:(3)炭酸ガスレーザー蒸散法
ほくろ除去法:(4)ルビーレーザー法
ほくろ除去法:(5)電気凝固法


に掲載してみました。
自分で調べていて、いろいろ知ることができてびっくりなのですが
いろいろなほくろの除去法があるのですね。

ただし、あくまで私がネットで調べた記事であり
私自身がほくろの専門でも何でもありませんので
信頼性などにかけるところなどはあるかもしれません。
その辺りはご了承いただければと思います。
また、ほくろ除去を考えている方へ、何かしらの参考になれば幸いです。
posted by まい at 10:04 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

2005年09月26日

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろの除去:切除法の欠点

ほくろの除去:切除法の欠点

ほくろの除去として、切除法がありますが
この切除法には欠点があるようです。

従来のほくろ除去法は、
ほくろの周辺をメスで切って縫合せる方法が主体のようです。

しかし、切除法によるほくろの除去を行ないますと
ほくろを除去した場所の縫い目の傷跡が残るということがあるようですね。

またほくろの除去した部分の傷が修復するにも時間がかかったり、
除去した部分に多少の出血があるという不便な面があるようです。

ほくろの除去で切除法を行なう場合は、
どのほくろの除去法を選択するのか、
選択した場合は、どのほくろ除去法ではどのような欠点があるのか
ということを把握した上で、ほくろの除去を行なったほうがよさそうですね。

参考URL
http://www.tins.ne.jp/~tsuru/tsurumachi_ja/hokurojyokyo.html
posted by まい at 15:04 | Comment(0) | ほくろの除去・手術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。