2006年02月24日

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろの検査

背中のほくろの検査

背中のほくろの記事を書きましたが
(「背中のほくろ除去について
背中のほくろ手術が行なえない場合」)
コメントを頂いたruさんから背中のほくろの検査について、記事にしていただいたので
このほくろのすべてでもご紹介しようと思います。

まず、麻酔についてなのですが、背中のほくろのまわりに注射をうつのではなく
ほくろに直接麻酔を行なうそうです。

ただし、麻酔の注射は殆んど痛みはなかったそうです。

麻酔が効く時間は、20分程度、
そのあとお医者さんがほくろの細胞をとって、
細胞をとったところを、縫うという形のようです。

背中のほくろの細胞を摂取する手術は20分程度で
お値段は、7380円と書かれていました。

参考URL
http://blog.goo.ne.jp/ru-1963/d/20060223
posted by まい at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 背中のほくろ

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろ手術が行なえない場合

背中のほくろ手術が行なえない場合

先日、背中のほくろの除去についての記事を書きましたが
(過去記事「背中のほくろ除去について」)
コメントを頂きました、ruさんから背中のほくろ手術についての話(体験談)を教えていただきましたので
記事にしようと思います。

実際ネットを探すとほくろの手術が痛かったという意見が多いようなのですが
まず、ほくろの大きさ、それと病院によってほくろの除去ができるかどうかという問題があるようです。

ruさんの体験談では、15mmの背中のほくろで、
通常、ほくろの除去は、ほくろの周りを切り取るように思われる一方、
実際は更に大きく縦長に切るから、お年寄りみたく背中の皮に余裕があれば、切り取って縫うことができるそうです。

しかし人によっては、皮に余裕がなく、堅いと
ほくろ手術後の場所を縫っても避けることがあるらしく、除去を行なえないこともあるそうです。

つまり背中のほくろの除去を切除するには
ほくろの大きさ、皮膚の硬さ、皮膚の余裕などもほくろ除去の条件として挙げられるようです。

参考URL
http://blog.goo.ne.jp/ru-1963/d/20060223
posted by まい at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背中のほくろ

2006年02月01日

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろ除去について

背中のほくろ除去について

背中のほくろについて、
背中のほくろががんになる確率」という記事を書きましたが
背中のほくろのがんになる確率がきわめて低いとはいえ、
他のほくろ同様、悪性黒色腫の可能性はありますので
(悪性黒色腫については過去記事
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:原因と予防
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:対処法」などを参考のこと)
皮膚科にいって診断をうけるとよいようです。

ただし、皮膚科にいっても、ほくろの細胞をとって検査しない限りは100%良性とは言えないようです。
まだ皮膚科にいけば、背中のほくろも除去が行なえるようです。

参考URL
http://www.topics.or.jp/rensai/kenkou/2006/0108soudan.html
http://blog.goo.ne.jp/ru-1963/e/4140e91658f46f30e16ce9c5492ad348
posted by まい at 15:35 | Comment(6) | TrackBack(1) | 背中のほくろ

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろががんになる確率

背中のほくろががんになる確率

今までほくろの記事をたくさん書いていましたが
背中のほくろの記事を書いていませんでした。

背中のほくろで悩まれている方は意外に多いようです。
背中のほくろは自分で見ることができませんから、
鏡を見たり、人に見てもらって知ることが多いですが(私もそうでした)
やはりほくろが大きくなってくると心配ですよね。

背中のほくろについて、お医者さんのメッセージが掲載されていました。
背中のほくろが、がん、つまり悪性腫瘍になる可能性は大変少ないと書かれていました。
(悪性黒色腫については過去記事
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:原因と予防
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:対処法」などを参考のこと)

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/797838119165139.html
posted by まい at 15:30 | Comment(3) | 背中のほくろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。