2005年11月04日

ほくろのすべてほくろの種類ほくろの種類:単純黒子とは

ほくろの種類:単純黒子とは

「単純黒子」という聞きなれない言葉を見つけましたので
気になって調べてみました。

単純黒子とは皮膚の浅い部位にあるメラニン細胞が、
メラニン色素を過剰に作り出した状態のもので
大きさは1、2mm程度の小さいものから、
色はシミに近い薄茶色から黒色までさまざまであり、
「黒あざ」や「しみ」も同じ仲間のようです。

言われてみると、「単純黒子」とはそういうものなのかと
なるほどと納得しますが、特に危険なものではないようですね。

ちなみに、黒子はほくろと読むのですが
「くろこ」と書いて「ほくろ」と読むのは昔の人が考えた
ほくろの当て字なのでしょうかね?

参考URL
http://www.toku-chi2.com/health/special/bn_39/
posted by まい at 16:49 | Comment(0) | ほくろの種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。