2005年11月04日

ほくろのすべてほくろ雑学母斑細胞母斑と年齢の関係

母斑細胞母斑と年齢の関係

母斑細胞母斑については、以前
過去記事の「母斑細胞母斑とは
という記事に書いたのですが、
母斑細胞母斑と年齢の関係がありましたので掲載しようと思います。

母斑細胞母斑と年齢の関係は、
母斑細胞母斑は、生下時には0であり
3、4歳頃から母斑細胞母斑が出現するという記述がありました。

また、30−40歳で母斑細胞母斑は最も多くなり
数は、30個程度になるそうです。

また日本人の場合、母斑細胞母斑は平均として10個程度、母斑細胞母斑があると言われているそうです。

年をとると増えるのは、そうだろうなというイメージはありましたが
生まれたすぐは母斑細胞母斑って0なのは知りませんでした。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/301058764875965.html
posted by まい at 16:48 | Comment(0) | ほくろ雑学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。