2005年10月31日

ほくろのすべて悪性のほくろ・ほくろのガン・メラノーマについてメラノーマとは

メラノーマとは

「メラノーマ」というキーワードで、このページに訪れる方が多いようなので
メラノーマについてのご説明を書いておきますね。

ほくろのメラノーマ(色素細胞ガン)の見分け方(色)
ほくろと皮膚ガンの違い
ほくろのメラノーマ(色素細胞ガン)の見分け方(大きさ)

など、過去の記事にでてきている言葉ですが、
皮膚に色調を与える細胞に悪性(がん)細胞が認められる病気のことを言います。
皮膚のメラノーマは通常、黒く「ほくろ」のようにみえるので、「ほくろのがん」ともいえるようですね。

財団法人国際医学情報センターによりますと
メラノーマは全身のあらゆる部分に生じる可能性があり
異常なほくろ、日光照射および既往歴によりメラノーマの発生リスクに影響が出るようです。
メラノーマを疑う症状としては、ほくろまたは色素部分の外観の変化がある場合注意が必要なようです。


また社団法人日本皮膚科学会によりますと
ほくろがん(メラノーマ)は早期の状態で見つけ、手術を行うとほとんど治すことができるようです。

参考URL
http://www.imic.or.jp/cancer/c2029.html
http://www.dermatol.or.jp/QandA/meranoma/contents.html
posted by まい at 14:55 | Comment(0) | 悪性のほくろ・ほくろのガン・メラノーマについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。