2005年10月17日

ほくろのすべて悪性のほくろ「悪性黒色腫」:4病状悪性ほくろの種類「悪性黒子型黒色腫」

悪性ほくろの種類「悪性黒子型黒色腫」

顔や、首、手、背など日光に当りやすい露出部位にほくろが発生し、はじめは褐色〜黒褐色の色素斑が出現し、この時は悪性黒子と呼ばれる前駆症の状態であり、経過はゆるやかで数年以上存在することがあるようです。

そしてほくろの色調は濃黒色を混じ、次第に拡大し、さらに一部に硬結や腫瘤が出現してきて悪性のほくろ悪性黒色腫になるとのことです。

一般に60歳以上の高齢者にこの悪性のほくろが発生することが多く、ゆるやかに成長するため、治療により治癒する確率が4病型のうちで最も高いといわれているそうです。最近の全国アンケート集計では、この病型の占める割合は9.5%で、4病型のうちで最も少ないのですが、以前に比べ割合は増加傾向にあるようです。

参考URL
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010211.html
posted by まい at 10:19 | Comment(0) | 悪性のほくろ「悪性黒色腫」:4病状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。