2005年09月26日

ほくろのすべて悪性のほくろ・ほくろのガン・メラノーマについて悪性のほくろについて

悪性のほくろについて

ほくろはよくガンになるということを母から聞いたことがありました。
それでほくろについて調べてみると、ほくろを誰もが持っているもので、ほくろのほとんどが良性のようです。

ただし問題は急に大きくなったり、形が変わったりしてくるほくろで、
稀に悪性になるものがあるということです。

このほくろを「悪性黒色腫」といい、黒い斑点が徐々に盛り上がり、次第に回りに色素が染み出したり、
出血したりすることがあり、
転移がとても早く、リンパ節や血液に入り全身に拡がると死んでしまうこともあるそうです。

日本人は、生まれつきのほくろでも、手のひらや足の裏などの刺激を受けやすいところにあるものは、
悪性黒色腫に変わることがあるそうで(私も手のひらに大きなほくろがあるので心配・・・・)
気にして何度も自分で削ったり針でついたりすると、良性のほくろでも悪性になることがあると言われているので、
絶対にそのようなことをしてはいけないという注意書きが書かれていました。

参考URL
http://hospitalinside.com/log/2005/07/post_152.html
posted by まい at 11:49 | Comment(6) | 悪性のほくろ・ほくろのガン・メラノーマについて
この記事へのコメント
はじめまして。
私は生まれつきほくろが多い方で、小学生の時「ほくろ星人」というあだ名をつけられた事があるくらいです。
私自身、あまり深刻に考えたことが無かったのが幸いなのですが、最近気になることがあって書き込みさせて頂きました。
私のほくろのほとんどは、茶色に近い黒色をしていますが、顔に一つだけ他のほくろと違った濃い灰色のほくろが(3ミリ程)あります。
気になりだしたのは最近で、場所が横顔ということもあり、いつからあるのかははっきり分かりません。(多分、以前からあったと思うのですが・・・)
もし何かご存知でしたら、お教え頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。
Posted by hi at 2006年03月27日 23:32
hiさん、初めまして。
私も素人ですので、正確なことは皮膚科で
診断してもらうのが一番だとは思うのですが
大きさだけみれば(3ミリ程度)、
6ミリ以上かどうかが、悪性のほくろ(メラノーマ)の判断とされるようなので
大きさの点では心配はない気がします。

ただ、ほくろができて、それが急に大きくなったというのであれば、話は別ですが。

ほくろの大きさについての記事は
過去記事「ほくろの色素細胞ガンの見分け方(色) 」
http://hokuro.seesaa.net/article/7331541.html
に掲載しています。

次にほくろの色についてですが、悪性のほくろの場合
・全く黒色の場合と,茶色が混っていることがある
・稀に一部が自然に治って皮膚の色となっていることもある
・極めて稀に黒色ではない(皮膚色〜紅色)の無色素性メラノーマ(amelanotic melanoma)がある
・しこりの周りに墨がにじみでたようになっている場合は注意が必要
・爪の下にできると爪に黒いスジが入ったようになる
という特徴があるようで
このことについても過去記事
「ほくろのメラノーマ(色素細胞ガン)の見分け方(色)」
http://hokuro.seesaa.net/article/7331504.html
で掲載していますが
どの特長にも当てはまらないので、悪性の危険は少ないのかなとは思います。

ただ大きさの観点や、色の観点は、
あくまで参考程度のものなので、
小さかったり、色が違っても悪性の可能性はあるわけですから
一度皮膚科で正確に診断されることをお勧めします。
Posted by まい at 2006年03月28日 10:59
早速のコメント有難うございました!
その上詳しく調べて頂き、本当に有難うございます。
一般的な判断基準を伺い、今のところ心配はなさそうなので、ホッとしました。
今後も経過を見ていきたいと思います。

私は香港在住なのですが、こちらでは格安でほくろやシミをとることが出来るらしく、日本人も気軽に施術を受けている様です。
私も「やってみたい」という気持ちはありますが、今のところ曖昧な情報しか入手できていないので、様子を見ているところです。
ほくろについての知識が全く無いので、まずは、こちらのHPでいろいろ勉強させて頂きます。

有難うございました。
Posted by hi at 2006年03月29日 22:50
hiさん、こんにちは。
情報役だって良かったです。

ただ上にも書きましたように、
一般的な話ではそう言われているであろうという話なので
できれば、皮膚科で検査してもらってくださいね。
それが確実ですから。

香港在住なのですね。
格安でほくろやシミをとることができるのですね。
初めて知りました。

値段が安いというのは一見よさそうな気がしますが
大切なことは、やはりそれに技術や科学的根拠が伴っていて
初めて安心できるものですよね。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by まい at 2006年04月01日 00:03
私は手にほくろがあります。 今日、友達に「手にほくろがあるんだぁ〜!手とか足とかには病気になりやすいんでしょぉ?」とかいわれたので心配になって検索してみました。前に一度だけ家庭科でほくろの部分に針があたったことがあるんですよ・・・。心配性なので心配心配でたまりません。
Posted by 愛 at 2007年05月14日 19:41
あいさん、はじめまして。
手のひらのほくろは気になりますよね。
病気になりやすい理由の1つに
手のほくろは、他のところに接触しやすいので
そういう意味で、病気になりやすいと言われているのかもしれません。

ただ、ほくろの癌などについては、
先天性のものとかもありますので、
やはり素人目ではわかりませんので
病院の皮膚科で専門の機器を使って見られるのが一番よいかと思います。
Posted by まい at 2007年05月15日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。