2005年11月11日

ほくろのすべて顔のほくろ鼻のほくろをとる時間

鼻のほくろをとる時間

ほくろ除去法についてはいろいろあることを過去記事に書きましたが
ほくろの除去をするのにどのくらい時間がかかるのかとか、
気になりますよね。

鼻のほくろをとるのに、かかる時間は約15分ということが掲載されていました。
病院や治療法、またほくろを除去する箇所によって違うとは思うのですが。
記事には1週間くらいテーピングをするということから
レーザーにより、メラニン色素を薄くしていくほくろ除去ではなく、メスによるほくろ除去だと推測したのですが

今まで鼻のほくろ除去は過去にレーザー(ヤグ・レーザー)による除去法しか記事が見つからなかったので
(過去記事
鼻の上のほくろをレーザーで取ることは可能?
鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?
鼻のほくろを1mmのみ残すことは可能か?
メスによる除去法(もしかしたら、レーザーをメス代わりに使うほくろ除去かもしれませんが)
鼻のほくろを切除による除去法も行われているのだなと思って、記事にしました。

参考URL
http://ayama123.blog31.fc2.com/blog-entry-7.html
posted by まい at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顔のほくろ

2005年11月04日

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去で使うルビーレーザーとヤグ・レーザーの違い

ほくろ除去で使うルビーレーザーとヤグ・レーザーの違い

ほくろ除去に用いられるルビーレーザ法、ヤグ・レーザー法など
メラニン色素に反応するレーザー光線で、ほくろの色を少しずつ抜いていく方法を掲載しましたが
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)
ルビーレーザーとヤグ・レーザーの違いとして

・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は2秒に1回しか照射ができないので、遅さがある
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)では毎秒10ショットでQスイッチにて照射(つまり早いということだと思います)
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)よりも「浅いところ」でとどまり、「深いところ」まで到達致しない
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」の照射のあとは極めて表面に近いメラニン色素は一度の照射だけでも理論的には消える
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」の照射のあとはメラニン色素が蒸散されずに皮膚にこびりついて残っている
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は次回照射まで日をおかないとどのくらいメラニン色素が消えてくれたのかが判断し難い
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)では照射すれば回数は多ければば多いほど消えていく
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)はリアルタイムでメラニン色素の蒸散が判断できる
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」はリアルタイムで判断でき難い

以上をまとめると、即効性(リアルタイムでわかる)というのであれば、ヤグ・レーザー、
長い単位で治療してもよいというのであれば、ルビーレーザーでもよいという感じでしょうか。
あとはほくろ除去で、レーザー治療に関する値段とかもかかわってきますよね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/548763498039083.html
posted by まい at 16:53 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべて鼻のほくろ鼻のほくろを1mmのみ残すことは可能か?

鼻のほくろを1mmのみ残すことは可能か?

ほくろの悩みというのは、人それぞれあると思いますが
生まれた時からある物なので全部取ってしまうのは寂しいので、
ほくろを小さくしたいという方も結構いらっしゃるようです。

鼻のほくろがだんだん大きくなって、しかし生まれたときからあるほくろなので
1mmのみ、ほくろを残したいという話を見ました。

鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?
でも書きましたが、
ヤグ・レーザーを使うことで可能なようです。
(ヤグ・レーザーについては過去記事
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)参照のこと)

特にこの場合は、「QスイッチNd-YAGレーザー」が最適という記述がありました。
ヤグ・レーザーにもいろいろあるのですね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/915452708796696.html
posted by まい at 16:52 | Comment(0) | 鼻のほくろ

ほくろのすべて鼻のほくろ鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?

鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?

ネットでほくろの記事を探していましたら、鼻のほくろの記事がありました。
その記事は、鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?
という患者さんの質問と医師の答えが掲載されていました。

結果としては、鼻のほくろを小さくすることは可能で、
何度となくこの「ほくろのすべて」でも説明しています
ヤグ・レーザーを使うことで可能なようです。
(ヤグ・レーザーについては過去記事
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)参照のこと)

ほくろというと、ほくろをそのまま除去するイメージが強いですが
現代の医学ではこのような治療も可能なのですね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/539951331288652.html
posted by まい at 16:50 | Comment(0) | 鼻のほくろ

ほくろのすべてほくろの種類ほくろの種類:単純黒子とは

ほくろの種類:単純黒子とは

「単純黒子」という聞きなれない言葉を見つけましたので
気になって調べてみました。

単純黒子とは皮膚の浅い部位にあるメラニン細胞が、
メラニン色素を過剰に作り出した状態のもので
大きさは1、2mm程度の小さいものから、
色はシミに近い薄茶色から黒色までさまざまであり、
「黒あざ」や「しみ」も同じ仲間のようです。

言われてみると、「単純黒子」とはそういうものなのかと
なるほどと納得しますが、特に危険なものではないようですね。

ちなみに、黒子はほくろと読むのですが
「くろこ」と書いて「ほくろ」と読むのは昔の人が考えた
ほくろの当て字なのでしょうかね?

参考URL
http://www.toku-chi2.com/health/special/bn_39/
posted by まい at 16:49 | Comment(0) | ほくろの種類

ほくろのすべてほくろ雑学母斑細胞母斑と年齢の関係

母斑細胞母斑と年齢の関係

母斑細胞母斑については、以前
過去記事の「母斑細胞母斑とは
という記事に書いたのですが、
母斑細胞母斑と年齢の関係がありましたので掲載しようと思います。

母斑細胞母斑と年齢の関係は、
母斑細胞母斑は、生下時には0であり
3、4歳頃から母斑細胞母斑が出現するという記述がありました。

また、30−40歳で母斑細胞母斑は最も多くなり
数は、30個程度になるそうです。

また日本人の場合、母斑細胞母斑は平均として10個程度、母斑細胞母斑があると言われているそうです。

年をとると増えるのは、そうだろうなというイメージはありましたが
生まれたすぐは母斑細胞母斑って0なのは知りませんでした。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/301058764875965.html
posted by まい at 16:48 | Comment(0) | ほくろ雑学

ほくろのすべてほくろの種類母斑細胞母斑(色素性母斑)とは

母斑細胞母斑(色素性母斑)とは

ほくろのことを調べると「母斑細胞母斑」(色素性母斑)という単語につきあたったので
母斑細胞母斑について調べて見ますと
胎生期に神経細胞やメラニン色素をつくる細胞のもとになる細胞が異常な発展をとげて皮膚に遊走して本症を形成することを言うようです。

遺伝性は認めらず、出生直後よりみられるものは15mm以上くらいの扁平黒褐色斑が多く、後天的に発症するものは小さく、少し盛り上がる黒褐色丘疹が多くなるらしいです。

ほとんどは放置してもかまわないもので、手のひら、足底の皮疹や比較的大型のもの、皮疹部にかゆみ、発赤、あるいは、 皮疹の拡大傾向がある場合は皮膚科医を受診が必要のようです。

そして、日本では、「ほくろ」=大半が「母斑細胞母斑」という記述がありました。

参考URL
http://www8.ocn.ne.jp/~sakat/Table21.htm#4603
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/301058764875965.html
http://www.ritz-medical.com/shimi/shimi_04.htm
posted by まい at 16:42 | Comment(0) | ほくろの種類

ほくろのすべてほくろ除去後のトラブル自分で針やはさみなど使ってほくろを取ってしまったが、だんだん赤く盛り上がってきた

自分で針やはさみなど使ってほくろを取ってしまったが、だんだん赤く盛り上がってきた

ほくろは、いじると大きくなり、ガンになる可能性があるということを
小さい頃から私は母に聞かされていたので、
自分で針やはさみなど使ってほくろを取るという経験はないのですが、
実際にほくろを自分でとってしまい、だんだん赤く盛り上がってきたので
お医者さんに相談したという話が書いて有りました。

お医者さんの言うことには、自分でほくろをとろうということは
絶対にしていけないことで、
通常、形成外科専門医の方がほくろをとるにも専用の手術道具が
30〜50種類はあるそうです。

赤くなってしまったのは、軽度の「ケロイド状態」即ち「肥厚性瘢痕」になっているとのこと
(ちなみに、ケロイドは何かを調べてみると
ケロイドとは、は皮膚が損傷を受けた後などに発生する赤みの強い盛り上がりのことを言い、
見た目の問題だけでなく、痛みや痒みがあり、現在知られている薬には、これらの症状に対して あまり効果がないらしいです)
またケロイドは人間にしかできないようで、研究を行うのが非常に困難なようです)

こういう場合は、形成外科専門医に診断してもらうか、
またはQスイッチレーザー(ヤグ・レーザー)
(関連過去記事:ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)
で肥厚性瘢痕と母斑細胞母斑を解決する方法があるようです。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0398852441730959.html
http://www.neochemir.co.jp/scarwars/scarwars_epi1.htm
http://www.hara-cl.com/012.htm
posted by まい at 16:40 | Comment(0) | ほくろ除去後のトラブル

ほくろのすべてほくろ除去後のトラブル炭酸ガスレーザーによるほくろ除去により、肌が陥没

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去により、肌が陥没

ほくろ治療の1つとして、
炭酸ガスレーザーを使ったほくろ除去法を過去に掲載したことありましたよね。
(過去記事「ほくろの除去法:炭酸ガスレーザー蒸散法」になります)

これの補足説明として、副作用?というものでもないのですが
肌に異常をきたすことがあるようなので、掲載しておいたほうがよいかなと思ったので
掲載しますね。

通常の炭酸ガスレーザーで、ほくろを除去する場合は
メスのかわりに炭酸ガスレーザーを使うことが多く、
ほくろ除去後のトラブルの一種として、
一定時間でほくろ除去部分が陥没することがありえるそうです。

こういうことを知らないと、炭酸ガスレーザーでほくろの治療をしたときに
肌が陥没して、一生直らないの?
と心配になることがありますものね。


参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/891821375190379.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/579503231755556.html
posted by まい at 16:39 | Comment(0) | ほくろ除去後のトラブル

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろをレーザーで除去する場合に麻酔は必要か?

ほくろをレーザーで除去する場合に麻酔は必要か?

ほくろをレーザーで除去するには、2つの方法があり、
(1)炭酸ガスレーザーを使って、メスをレーザーのように使いほくろをとる方法
と、
(2)ルビーレーザーやヤグ・レーザーのように、メラニン色素を徐々にとっていく方法
があるという話は過去に書いていますが
レーザーによるほくろ除去に麻酔が必要かどうかを調べてみたところ、
(1)炭酸ガスレーザーを使って、メスをレーザーのように使いほくろをとる方法では、
結構痛いらしいので、麻酔は基本的に必要のようです。

一方、ヤグ・レーザーのようなほくろの除去法は
「ほくろ除去で、ヤグ・レーザー法で1回でどの程度、当てられるか?」
でも書きましたが、麻酔は不要のようです。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/463736433376656.html
posted by まい at 16:37 | Comment(2) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろ雑学ほくろを持っていない人っているの?

ほくろを持っていない人っているの?

モデルさんとか見ると、本当に綺麗だなぁ、ほくろとかも全然ないしとか思うことありますよね。
(ほくろが魅力的な女優さんやモデルさんもいらっしゃいますけれど)

ところで、「ほくろがない人っているのかな?」と疑問に思ったので
調べてみたのですが、

基本的には、ほくろは通常は小児期に出現するので、
ほくろをもっていない人はいないと言われているそうです。

一見、顔とかにほくろがまったくない人を見ると、
化粧の塗り方がうまいのか(笑)
もしくはこの人はほくろがない人なのかな?
と思ったのですが、
体のどこかには人間であれば、やっぱりほくろはあるものなのですね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/463736433376656.html
posted by まい at 16:36 | Comment(0) | ほくろ雑学

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去で、ヤグ・レーザー法で1回でどの程度、当てられるか?

ほくろ除去で、ヤグ・レーザー法で1回でどの程度、当てられるか?

ヤグ・レーザー法というほくろ除去を以前、記事に掲載したことがありましたが
(過去記事にあります
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)
になります)
このヤグ・レーザー法は、ほくろのメラニンを気体として飛ばす方法で、
麻酔をかける必要がないそうです。
そのため、翌日からお化粧ができるようですね。
ただし、通う回数が必要なので、そこが欠点でしょうか。

ヤグ・レーザー法で1回でどの程度の数のほくろを当てられるかということについて、
病院によっても違うのかもしれませんが、
参考URLに書かれています病院では、ヤグ・レーザー治療では、
1回で50個までの「ほくろ」であれば照射が可能という記述が掲載されていました。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/579503231755556.html
posted by まい at 16:35 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべてほくろ雑学2歳の子供にほくろができたときに、行くのは小児科?皮膚科?

2歳の子供にほくろができたときに、行くのは小児科?皮膚科?

自分が何かの病気になったときに、どの科にいけばよいのか悩むことがあります。
また、自分の子供に何か病気が起きたときはなおさら心配ですよね。

子供にほくろができて、そのほくろを見てもらうにはどうしたらよいのか?
と思ったので、調べてみたのですが
実例として、2歳の子供にほくろができて、足裏にほくろができたので
病院にいきたいが、どの科にいけばよいかわからないので、そのご質問と答え
という形でのほくろの記事が掲載されていました。

この場合は、子供であっても小児科ではなく、
皮膚科にほくろの様子を見てもらったほうが良いようです。

よくよく考えれば、ほくろの異常なところはやはり専門の皮膚科の方がわかるでしょうから
小児科より皮膚科で見てもらうということなのでしょうね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/477959953555004.html
posted by まい at 16:34 | Comment(0) | ほくろ雑学

ほくろのすべてほくろの除去・手術直径2cmのほくろをレーザー治療できるのか?

直径2cmのほくろをレーザー治療できるのか?

直径2cmのほくろというと、相当大きいと思いますが
直径2cmのほくろをレーザー除去できるのか?
という記事を見つけましたので掲載しようと思います。

結論から言いますと、ほくろをレーザー除去はできるそうなのですが
レーザー治療を行うと、相当値段が高くなるようです。

理由としては、直径2cm1個のみで
直径2mmのほくろ100個分の「レーザー光照射」のエネルギーが必要なので
費用が高くなるとのことが掲載されています。

あくまで参考例ですが、直径2cmのほくろが5個ある場合に
1回の通院で16万円、
それを10回行う必要があるという記述が掲載されていました。

確かに安くはない値段ですよね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/782647852393897.html
posted by まい at 16:33 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろ:年齢時の注意

足の裏のほくろ:年齢時の注意

足の裏のほくろについて、
足の裏のほくろができた場合、注意するというのは本当?
「足の裏のほくろの切除目安」

で記事を掲載しましたが、他に年齢時の注意として、癌年齢が30〜40歳ということから
その年齢時に、足の裏に大きな黒光りするぐらい黒いしかもまわりにインクが染み出したように拡がるものは
要注意したほうが良いという記述がありました。

このような状態になりますと専門医が診ればほぼ100%診断できるそうです。

ただ、小さい茶色のほくろの場合は判別が難しく、90〜95%は良性のほくろで悪性黒色腫ではないそうですが
残りの5〜10%も癌でないと保証できないそうなので、
実際にこれを保障してもらうとなると、切除して組織学的に(顕微鏡で悪い細胞がないかどうか)調べるしか方法がないようです。

参考URL
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/shharada/nevus.html
posted by まい at 16:32 | Comment(0) | 足の裏のほくろ

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろの切除目安

足の裏のほくろの切除目安

「足の裏のほくろの切除目安」についての記事を見つけましたので掲載しますね。

以前、足の裏のほくろについての記事を書きましたが
足の裏のほくろができた場合、注意するというのは本当?

足の裏の黒子(ほくろ)で色が黒みがかかっていたり、
急に大きくなったり、出血したり、盛り上がってきたりするものが注意の対象のようです。

また、一般的にほくろの色調が濃く、直径が7mm以上のものは
早めに切除した方がよいと言われているそうです。

7mmというと結構な大きさではありますが、
ちょっと大き目のほくろがあると気になってしまうものなので
こまめに定規などでほくろの大きさをはかるのが良いかもしれませんね。

参考URL
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/khoken-i/kentele/pages/1995/09/9509668.htm
posted by まい at 16:32 | Comment(0) | 足の裏のほくろ

ほくろのすべてほくろ手術後の経過レーザーでほくろをとった場合にお化粧はできるのか?

レーザーでほくろをとった場合にお化粧はできるのか?

ほくろ除去法について、何度となくこのほくろのすべてでは掲載していますが、

ほくろを「レーザー」で除去する場合、2つの方法があり、
炭酸ガスを使って、メスをレーザーのように使いほくろをとる方法(炭酸ガスレーザー法とも呼ばれるようですね)と、
ルビーレーザーやヤグ・レーザーのように、メラニン色素を徐々にとっていくほくろ除去の方法があるようです。

さて、レーザー治療をしたときに女性であれば毎日のお化粧は欠かせないものですが
レーザー治療をした場合は、当日からのお化粧は可能なのでしょうか?

これについては、ヤグ・レーザーを使えば、当日からお化粧が可能なようなのですが
以前記述のように、回数が必要なため、何度となく通院は必要のようです。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/716049048191966.html
posted by まい at 16:31 | Comment(0) | ほくろ手術後の経過

ほくろのすべて足の爪のほくろ足の爪のほくろについて

足の爪のほくろについて

私は一度も足の爪にほくろというのができたことがないのですが
爪にほくろができるという記事がありました。

まず、種類の数なのですが
足の爪のほくろには、3種類あるようです。

1つの足の爪のほくろは、「足指」と「爪床部(爪の下の皮膚)色素沈着症」というもののようです。
2つ目の足の爪のほくろは、「足指」と「爪のほくろ」というものです。
3つ目の足の爪のほくろは上記2つに含まれないほくろで、
一般に足の爪のほくろはこの3種類に分類されるようですね。

あまり、爪にあるほくろという記事はネットでも見かけないのですが
気になる方もいらっしゃるでしょうから
また爪にできるほくろについての記事があったら、
このほくろのすべてでも取り上げてみますね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/90890333739026.html
posted by まい at 16:29 | Comment(0) | 足の爪のほくろ

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去法:クリオサージェリー(液体窒素)

ほくろ除去法:クリオサージェリー(液体窒素)

ほくろ除去方法として、クリオサージェリー(液体窒素)を使う方法があるようです。

液体窒素は、いぼをとるときなどに使用することがあり、
私も液体窒素で治療をしたことがあります。

液体窒素とは、窒素が冷やされて液体になったもので
水の場合は、融点が0℃、沸点が100℃だから、0℃以下で固体、100℃以上で気体、その間では液体になります。
窒素は室温では気体で液体になる温度は「-196℃」なのですね。
その液体窒素を患部にあてる(私の場合、手にできものがあって、液体窒素をあてたことがありました)
これが結構痛いのですよね・・・・

しかし、今はほくろを液体窒素でとることはあまりないようです。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/430880192508088.html
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/242622368344204.html
posted by まい at 13:46 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべて顔のほくろ顔の多発性ほくろは何回くらいの通院で消すことができるのか?

顔の多発性ほくろは何回くらいの通院で消すことができるのか?

顔のほくろ除去について
過去記事の
「顔面外科でほくろをとるとき6つの方法」
「顔のほくろを40〜50個とるのにレーザー治療をしてもよいのか?」
などで掲載しましたが、
顔の多発性ほくろは何回くらいの通院で消すことができるのか?
そう疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

一回のレーザー治療でほくろが消えればよいですが
何回も通えばそれだけのお金はかかりますし、そんな不安もあるでしょう。

その一例として、記事がありましたのでご紹介しようと思います。

20〜50個の顔にできるほくろ(多発性ほくろ)は
ヤグ・レーザーを使うと、10回で消すことが可能だそうです。
(ちなみにヤグ・レーザーの説明は過去記事
ほくろの除去法:ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)参考のこと)

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/784046611123816.html
posted by まい at 13:44 | Comment(0) | 顔のほくろ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。