2010年07月11日

ほくろのすべて顔のほくろ顔のほくろを隠す方法

顔のほくろを隠す方法

顔のほくろというのは、人によってとても気になります。
ほくろがとても魅力的だと思える女性もいらっしゃるでしょうが
どうしても、コンプレックスだという方もいますy9おね。

手術をするにしても、一番気になるところですし、
特に女性にとってはとても大きな悩みの1つになる方もいらっしゃると思います。

yahooの掲示板にも悩みが書かれていました。
「顔のホクロ・シミについての悩みなんですが・・・」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1019935810

質問の内容としては
(1)顔のホクロ・シミはどうして増えてしまうのか?
(2)顔に出来ているホクロ、シミをどうしても消したいのですが、どのような方法があるか?
(3)これ以上ホクロ、シミを増やさないようにするにはどのような対策をしたらよいか?


それに対する答えとして
(1)顔のホクロ・シミはどうして増えてしまうのか?
→シミは紫外線を浴びてから平均して2年後から現れ始め、
 10代の頃日焼け止めを塗っていない場合、それが原因となり増えてしまうことがある。
 
(2)顔に出来ているホクロ、シミをどうしても消したいのですが、どのような方法があるか?
→皮膚科や美容形成外科での治療でしたらすぐに消える。しかし治療費が高いことが問題。
 日頃のスキンケアでもなくすことは可能とのこと。
 しかしこちらは美白ケアは根気が必要。
 紫外線のシミであれば、ソフィーナHAKU(資生堂)インフィニティ(コーセー)が効くとのこと。
 美白にはビタミンC(飲むよりも塗る)が一番効くらしい。
 また、オバジのC20は本当に効果が顕著で、シミのケアだけでなくキメを整えて毛穴も目立たなくなるという効果あるということ。

(3)これ以上ホクロ、シミを増やさないようにするにはどのような対策をしたらよいか?
→汗をかいたら日焼け止めかSPFの入ったファンデーションを塗りなおす
 うっかり日焼け(洗濯物干しやゴミ出し、買い物、散歩など)を防ぐために、UVカットのできる朝用乳液(ソフィーナなど)を使用する

など書かれていました。

とてもタメになる回答だと思いましたが、やはり顔のほくろで悩まれている方はいらっしゃいますよね。

あとは、直接的なほくろを消す手段にはなりませんが、
ほくろを隠す専用特殊ファンデーションなど
使うのも1つの手だと思います。
posted by まい at 22:34 | Comment(0) | 顔のほくろ

2010年07月08日

ほくろのすべて足の裏のほくろ足の裏のほくろを手術した体験談

足の裏のほくろを手術した体験談

以前、「気になるほくろの観察は3ヶ月スパンで」ということで
知り合いの足のほくろの写真を載せました。

足の裏のほくろ1

以前の写真は2006年03月18日に載せたので、
あれから4年ちょっと立ちましたが、

先日、かなり大きくなってしまったようです。
(撮影は2010年6月)

足の裏のほくろ2


実は、その知り合いが三ヶ月前に医者に行ったところ、
かなりほくろが大きくなっているということで、
今後、メラノーマの可能性があるということで、
医者から手術を進められたということです。

足の裏のほくろの手術は3ヶ月待ちということで
3月に病院の予約をして、6月にほくろの手術をしました。

写真も快く提供頂いたので、掲載します。
以下が、ほくろの手術あとです。

手術したほくろ

手術の後が痛々しいです・・・・

体験談も聞きまして、載せて良いということなので
今回話を聞いたのですが、麻酔をうっているときは
それほど痛くなかったそうなのですが、麻酔が切れた後は
相当痛いと言っておりました・・・

手術をした後は、2週間近く歩かない方がよいと言われたそうですが、
お子さんが2人いて、幼稚園の送り迎えとかしないといけないので
数日旦那さんにお休みをとってもらい、あとは
サンダルを履いて、子供の送り迎えをしたと言っておりました。

ネットで調べると、人によって、
足のほくろの手術ははお産よりも痛い、
という方もいるようです。

上のほくろをとた方のほく話では、足の指のほくろについては、
まだ我慢できるくらいの痛さだったそうですが
足の裏のほくろについての体験談も別の方から聞く機会があって
聞いたところ、松葉杖歩きで、普通にはしばらくまったく歩けなかったとのことです。

足の指のほくろより、足の裏のほくろの手術の方が痛いようですね。

抜糸は3週間ほどかかったようです。
これから足の裏のほくろを手術する方の参考に少しでもなればということで
今回体験談を載せさせてもらいました。
posted by まい at 23:00 | Comment(1) | 足の裏のほくろ

2007年07月19日

ほくろのすべてほくろ雑学ほくろの多い人は長生き!?

ほくろの多い人は長生き!?

面白い記事を見つけました。
題名のとおり、ほくろの多い人は長生き!?
という記事です。

記事によりますとイギリス(ロンドン)の研究で、
ほくろの多い人は老化が遅く、長生きするということがわかったという発表があったそうです。

テロメアというものが関係しているそうで、
テロメアは染色体末端部の構造で、細胞の老化とともに、分裂能力を失い短くなり、
テロメアが長いほど、老化も遅く
ほくろが多い人(100個以上)は、25個以下の人よりもテロメアが長いことを発見したそうです。

ほくろが多いと、皮膚がんが気になるところでしたが、
このことについても発表があり、
「ほくろが多い人は皮膚がんのリスクもやや高いが、老化は遅い。
 また心臓疾患や骨粗鬆症など、老化に伴う病気にも掛かりにくい」
という報告がされたそうです。

URL
http://news.livedoor.com/article/detail/3232802/
posted by まい at 12:39 | Comment(0) | ほくろ雑学

2007年06月15日

ほくろのすべてほくろともぐさほくろともぐさ

ほくろともぐさ

ほくろをもぐさで取ることができるという記事を見つけました。
記事元は、gooの掲示板です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2112764

記事によると、オークションで、ほくろ除去もぐさが販売されているということで
ほくろの除去方法は、お灸にして取るらしいです。

欠点としては、最初はお灸なので熱による熱さがあるようですね。

また、軽度のやけど状態になることから、
数日間患部の赤みがあるそうです。

実際に、顔、腕、足のほくろがほくろ除去もぐさできれいにとれたという話しがありました。
また大きいほくろでももすがにより、除去できるようです。

大きいほくろの場合は、悪性もありえるので、
一概にほくろを除去したかったら、
もぐさを使ってみるというのはどうかとは思いますが、
一度、医師にみてもらって、悪性でないということがわかった場合で
メスなどによるほくろ除去がイヤだというのでしたら、試してみる価値があるかもしれませんね。
posted by まい at 10:00 | Comment(0) | ほくろともぐさ

2006年03月20日

ほくろのすべてほくろ雑学ダーモスコープ(ダーモスコピー)は手に入る?

ダーモスコープ(ダーモスコピー)は手に入る?

ほくろの検査をするダーモスコープについて
(関連記事
ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法
ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)
手と足の良性・悪性(メラノーマ)の仕方:指紋で見分ける」)

結論から言うと、
一般人が手に入れるのは難しそうです。
知り合いが受診した病院で使われていたダーモスコープが
予想以上に小さな機器だったようなので、
簡単に入手できるのかと思って検索してみたのですが。
医療器具ですから当然ですね・・・

10センチほどの型枠にレンズが取り付けられていて、
患部に光を照射しながら直接覗くような機器だったそうです。

ダーモスコープは手に入りませんが、
関連書籍は通販されているようです。
ダーモスコピー・ハンドブック
posted by まい at 09:22 | Comment(0) | ほくろ雑学

2006年03月19日

ほくろのすべて足の裏のほくろ足裏ほくろ診察体験談

足裏ほくろ診察体験談

先日私の知り合いが、
足の指に出来たほくろを検査してもらうために皮膚科を受診しました。
ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法
ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)
手と足の良性・悪性(メラノーマ)の仕方:指紋で見分ける」)

病院を決める際ポイントにしたのが、次の2点だそうです。

・皮膚科専門医の認定を受けている病院
・ダーモスコープを用いてほくろを診察してくれる

ネット検索したところ、
都内の個人病院では4件ほどヒットしたそうです。

診察自体は、お医者様の詳しい説明も含めて15分ほど、
診察代も千円出しておつりがくるくらいだったようです。

いきなり大学病院や総合病院では敷居が高いので、
美容専門ではない皮膚科の個人病院が近くにあったら、
悩まず受診してみるといいですね。
万が一の場合には大きな病院を紹介してもらえます。
posted by まい at 23:24 | Comment(0) | 足の裏のほくろ

2006年03月18日

ほくろのすべてほくろの検査気になるほくろの観察は3ヶ月スパンで

気になるほくろの観察は3ヶ月スパンで

先日私の知り合いが、
足の指に出来たほくろを検査してもらうために皮膚科を受診しました。
(関連記事
ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法
ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)
手と足の良性・悪性(メラノーマ)の仕方:指紋で見分ける

知り合いの足の指のほくろ
(知り合いの足の指のほくろ)

初めて気付いたのは1年ほど前らしいのですが、
暫くすると分裂(?)して小さい方のほくろが増えていました。
なんとなく大きくなっているような気もしたので、
慌てて皮膚科を探して行ったらしいのです。
知り合いのほくろは現在4ミリ×3ミリです。

診察は、以前の記事にも書いたダーモスコープで行われましたが、
ほくろの大きさについて、
お医者様から次のようなお話があったそうです。

・6ミリ以下のほくろは世界的にもメラノーマの可能性が低いといわれている。
・今の大きさでは(もちろんダーモスコープの所見からも)問題ない。
・3ヶ月ごとに自身で大きさを測ってみて、
 急に大きくなるようであれば切除してしまうという選択もある。

ここで重要なのは、
自分で観察する際もきちんと数値として計測するということらしいです。
定規で測ればいいのです。
「大きくなったような気がする」等の曖昧な判断では、
精神衛生上もよろしくないですよね。
posted by まい at 14:48 | Comment(1) | ほくろの検査

2006年03月15日

ほくろのすべてほくろの検査手と足の良性・悪性(メラノーマ)の仕方:指紋で見分ける

手と足の良性・悪性(メラノーマ)の仕方:指紋で見分ける

ダーモスコープを使うことにより、手と足のほくろを
ほくろの細胞をとらなくても、良性か悪性(メラノーマ)かを調べることができるという話を書きましたが
(「ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法
ダーモスコープ(悪性ほくろメラノーマの検査)」)
良性か、悪性かの判断はほくろの大きさ

これは以前の記事
ほくろのメラノーマ(色素細胞ガン)の見分け方(色)
でも書いたことがありますが
ほくろの大きさが6mmより大きいか小さいかということやほくろが急に大きくなったかなど判断基準に加えて
「指紋」で調べるようです。

指紋はよくみると、凹凸がありますが
凹んでいる部分に、ほくろがあるのは良性で
でっぱっている部分に、ほくろがある場合は悪性であることが多いと
皮膚科の先生がおっしゃっていました。

ホクロは指紋(凸部凹部両方)にまたがってできるものですが
ダーモスコープで観察するのは、
そのどちらに優勢着色がみられるか、ということらしく
指紋のへこんでいる方とでっぱっている方、
どちらの色がより濃いかというのが判断基準になるようです。

へこんでいる方に優勢着色が見られる場合は良性のホクロと見なされ
でっぱっているほうに優勢着色が見られる場合は悪性黒色腫(メラノーマ)を疑うそうです。

この指紋の凹凸のどちらの部分に、ほくろがあるかを
ダーモスコープで見ると、ほくろの細胞を削り取らなくても
良性か、悪性かが見極めることができるそうです。
posted by まい at 09:25 | Comment(9) | ほくろの検査

ほくろのすべてほくろの検査ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)

ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)

ほくろが良性か悪性のメラノーマかを判断するのに、
ほくろの細胞を摂取しないで、良性か悪性か調べる方法で
ダーモスコープという機器を使ういう話をしましたが
(「ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法」)

ダーモスコープは、医療用で使われる拡大鏡でほくろを診断するときに使われるようです。

ダーモスコープには巨大なものから、小さいものまであり
私の知り合いもダーモスコープについてネットで調べて
ダーモスコープのほくろの検査をしている皮膚科に診断してもらったところ
写真よりずっと機器の大きさが小さかったと言っておりました。

その知り合いに聞いたところ、ダーモスコープを使うと、
ほくろを10倍に拡大して見ることが出来、
手のひらと、足の裏にある指紋を見ることで、
良性か、悪性(メラノーマ)かの判断がつくそうです。

手と足のほくろについて
良性か、悪性(メラノーマ)の判断については別記事で掲載いたしますね。
posted by まい at 09:21 | Comment(8) | ほくろの検査

ほくろのすべてほくろの検査ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法

ほくろを切除しないで、良性か悪性か調べる方法

先日、私の知り合いが足の裏のほくろを検査するために
皮膚に行きました。

その人は足の裏の指にほくろがあったのですが
良性か悪性(メラノーマ)かすごく気になっていたようで
(ネットを調べていたら、小指に悪性のほくろがあった人がいて
その人は小指を切断したという記事を見たそうです)
先日、皮膚科でほくろの検査をしてもらったそうです。

今まで、ほくろを調べるには、ほくろの一部をとらなければいけないと思っていたのですが
ほくろを切除しなくても、見るだけで良性か悪性(メラノーマ)かを見極める方法があるとのことでした。

「ダーモスコープ」という、機器を使って調べるようです。
(ただし、手と足裏だけ?)

ダーモスコープについて別記事で掲載しようと思います。
ダーモスコープとは(悪性ほくろメラノーマの検査)
posted by まい at 09:20 | Comment(0) | ほくろの検査

2006年02月24日

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろの検査

背中のほくろの検査

背中のほくろの記事を書きましたが
(「背中のほくろ除去について
背中のほくろ手術が行なえない場合」)
コメントを頂いたruさんから背中のほくろの検査について、記事にしていただいたので
このほくろのすべてでもご紹介しようと思います。

まず、麻酔についてなのですが、背中のほくろのまわりに注射をうつのではなく
ほくろに直接麻酔を行なうそうです。

ただし、麻酔の注射は殆んど痛みはなかったそうです。

麻酔が効く時間は、20分程度、
そのあとお医者さんがほくろの細胞をとって、
細胞をとったところを、縫うという形のようです。

背中のほくろの細胞を摂取する手術は20分程度で
お値段は、7380円と書かれていました。

参考URL
http://blog.goo.ne.jp/ru-1963/d/20060223
posted by まい at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 背中のほくろ

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろ手術が行なえない場合

背中のほくろ手術が行なえない場合

先日、背中のほくろの除去についての記事を書きましたが
(過去記事「背中のほくろ除去について」)
コメントを頂きました、ruさんから背中のほくろ手術についての話(体験談)を教えていただきましたので
記事にしようと思います。

実際ネットを探すとほくろの手術が痛かったという意見が多いようなのですが
まず、ほくろの大きさ、それと病院によってほくろの除去ができるかどうかという問題があるようです。

ruさんの体験談では、15mmの背中のほくろで、
通常、ほくろの除去は、ほくろの周りを切り取るように思われる一方、
実際は更に大きく縦長に切るから、お年寄りみたく背中の皮に余裕があれば、切り取って縫うことができるそうです。

しかし人によっては、皮に余裕がなく、堅いと
ほくろ手術後の場所を縫っても避けることがあるらしく、除去を行なえないこともあるそうです。

つまり背中のほくろの除去を切除するには
ほくろの大きさ、皮膚の硬さ、皮膚の余裕などもほくろ除去の条件として挙げられるようです。

参考URL
http://blog.goo.ne.jp/ru-1963/d/20060223
posted by まい at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背中のほくろ

2006年02月01日

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろ除去について

背中のほくろ除去について

背中のほくろについて、
背中のほくろががんになる確率」という記事を書きましたが
背中のほくろのがんになる確率がきわめて低いとはいえ、
他のほくろ同様、悪性黒色腫の可能性はありますので
(悪性黒色腫については過去記事
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:原因と予防
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:対処法」などを参考のこと)
皮膚科にいって診断をうけるとよいようです。

ただし、皮膚科にいっても、ほくろの細胞をとって検査しない限りは100%良性とは言えないようです。
まだ皮膚科にいけば、背中のほくろも除去が行なえるようです。

参考URL
http://www.topics.or.jp/rensai/kenkou/2006/0108soudan.html
http://blog.goo.ne.jp/ru-1963/e/4140e91658f46f30e16ce9c5492ad348
posted by まい at 15:35 | Comment(6) | TrackBack(1) | 背中のほくろ

ほくろのすべて背中のほくろ背中のほくろががんになる確率

背中のほくろががんになる確率

今までほくろの記事をたくさん書いていましたが
背中のほくろの記事を書いていませんでした。

背中のほくろで悩まれている方は意外に多いようです。
背中のほくろは自分で見ることができませんから、
鏡を見たり、人に見てもらって知ることが多いですが(私もそうでした)
やはりほくろが大きくなってくると心配ですよね。

背中のほくろについて、お医者さんのメッセージが掲載されていました。
背中のほくろが、がん、つまり悪性腫瘍になる可能性は大変少ないと書かれていました。
(悪性黒色腫については過去記事
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:原因と予防
悪性のほくろ[悪性黒色腫]:対処法」などを参考のこと)

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/797838119165139.html
posted by まい at 15:30 | Comment(3) | 背中のほくろ

2005年12月09日

ほくろのすべてほくろ雑学赤いほくろについて

赤いほくろについて

「赤いほくろ」という記事を過去に書いたことがなかったのですが、
ほくろの中に赤いほくろというものがあるようです。

赤いほくろというのは、血管腫(けっかんしゅ)、
もしくは、老人性血管種(老化現象)
ということが書かれていました。

ただ、この赤いほくろ、血管種が老人だけになるかというと、そういうわけでもないようです。

妊娠・出産後に0.5ミリから3ミリ位の赤いほくろのようなものができたという記事もありました。

名前に反し比較的若年からもこの赤いほくろが発症することも稀でなく、
特に高齢の方、妊婦によく見られるとのことです。

赤いほくろの原因はエストロゲンというホルモンの関与が推察されているようですが、
まだ、はっきりしたことはわかっていないようです。

赤くなるほくろとしては「スピッツ母斑」というほくろもあるようですが、
これは小児など比較的若年の方に見られるようです。

大きさも数mmから1cm位と老人性血管種より大きいそうです。

老人性血管種は生理的変化ですので特に治療は必要ないそうなのですが、
レーザーで治療することもできるようです。

参考URL
http://yukaring.blog13.fc2.com/blog-entry-39.html
http://66.102.7.104/search?q=cache:uKJdo0qOICIJ:pk6.jp/d.x%3FEek+%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%81%BB%E3%81%8F%E3%82%8D&hl=ja
http://www.fugafuga.com/m/050601.htm
http://www.bihada-clinic.info/keijiban/
http://kakuozan-hifuka.com/faq/faq.cgi?mode=detail&kiji=97
posted by まい at 11:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | ほくろ雑学

2005年11月11日

ほくろのすべて顔のほくろ鼻のほくろをとる時間

鼻のほくろをとる時間

ほくろ除去法についてはいろいろあることを過去記事に書きましたが
ほくろの除去をするのにどのくらい時間がかかるのかとか、
気になりますよね。

鼻のほくろをとるのに、かかる時間は約15分ということが掲載されていました。
病院や治療法、またほくろを除去する箇所によって違うとは思うのですが。
記事には1週間くらいテーピングをするということから
レーザーにより、メラニン色素を薄くしていくほくろ除去ではなく、メスによるほくろ除去だと推測したのですが

今まで鼻のほくろ除去は過去にレーザー(ヤグ・レーザー)による除去法しか記事が見つからなかったので
(過去記事
鼻の上のほくろをレーザーで取ることは可能?
鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?
鼻のほくろを1mmのみ残すことは可能か?
メスによる除去法(もしかしたら、レーザーをメス代わりに使うほくろ除去かもしれませんが)
鼻のほくろを切除による除去法も行われているのだなと思って、記事にしました。

参考URL
http://ayama123.blog31.fc2.com/blog-entry-7.html
posted by まい at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顔のほくろ

2005年11月04日

ほくろのすべてほくろの除去・手術ほくろ除去で使うルビーレーザーとヤグ・レーザーの違い

ほくろ除去で使うルビーレーザーとヤグ・レーザーの違い

ほくろ除去に用いられるルビーレーザ法、ヤグ・レーザー法など
メラニン色素に反応するレーザー光線で、ほくろの色を少しずつ抜いていく方法を掲載しましたが
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)
ルビーレーザーとヤグ・レーザーの違いとして

・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は2秒に1回しか照射ができないので、遅さがある
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)では毎秒10ショットでQスイッチにて照射(つまり早いということだと思います)
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)よりも「浅いところ」でとどまり、「深いところ」まで到達致しない
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」の照射のあとは極めて表面に近いメラニン色素は一度の照射だけでも理論的には消える
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」の照射のあとはメラニン色素が蒸散されずに皮膚にこびりついて残っている
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」は次回照射まで日をおかないとどのくらいメラニン色素が消えてくれたのかが判断し難い
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)では照射すれば回数は多ければば多いほど消えていく
・「QスイッチNd・YAGレーザー」(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)はリアルタイムでメラニン色素の蒸散が判断できる
・「QスイッチRUBYルビーレーザー」はリアルタイムで判断でき難い

以上をまとめると、即効性(リアルタイムでわかる)というのであれば、ヤグ・レーザー、
長い単位で治療してもよいというのであれば、ルビーレーザーでもよいという感じでしょうか。
あとはほくろ除去で、レーザー治療に関する値段とかもかかわってきますよね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/548763498039083.html
posted by まい at 16:53 | Comment(0) | ほくろの除去・手術

ほくろのすべて鼻のほくろ鼻のほくろを1mmのみ残すことは可能か?

鼻のほくろを1mmのみ残すことは可能か?

ほくろの悩みというのは、人それぞれあると思いますが
生まれた時からある物なので全部取ってしまうのは寂しいので、
ほくろを小さくしたいという方も結構いらっしゃるようです。

鼻のほくろがだんだん大きくなって、しかし生まれたときからあるほくろなので
1mmのみ、ほくろを残したいという話を見ました。

鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?
でも書きましたが、
ヤグ・レーザーを使うことで可能なようです。
(ヤグ・レーザーについては過去記事
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)参照のこと)

特にこの場合は、「QスイッチNd-YAGレーザー」が最適という記述がありました。
ヤグ・レーザーにもいろいろあるのですね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/915452708796696.html
posted by まい at 16:52 | Comment(0) | 鼻のほくろ

ほくろのすべて鼻のほくろ鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?

鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?

ネットでほくろの記事を探していましたら、鼻のほくろの記事がありました。
その記事は、鼻のほくろを無くすのではなく小さくすることは可能か?
という患者さんの質問と医師の答えが掲載されていました。

結果としては、鼻のほくろを小さくすることは可能で、
何度となくこの「ほくろのすべて」でも説明しています
ヤグ・レーザーを使うことで可能なようです。
(ヤグ・レーザーについては過去記事
ルビーレーザー法(Qスイッチ・カグレーザー法・ヤグ・レーザー法)参照のこと)

ほくろというと、ほくろをそのまま除去するイメージが強いですが
現代の医学ではこのような治療も可能なのですね。

参考URL
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/539951331288652.html
posted by まい at 16:50 | Comment(0) | 鼻のほくろ

ほくろのすべてほくろの種類ほくろの種類:単純黒子とは

ほくろの種類:単純黒子とは

「単純黒子」という聞きなれない言葉を見つけましたので
気になって調べてみました。

単純黒子とは皮膚の浅い部位にあるメラニン細胞が、
メラニン色素を過剰に作り出した状態のもので
大きさは1、2mm程度の小さいものから、
色はシミに近い薄茶色から黒色までさまざまであり、
「黒あざ」や「しみ」も同じ仲間のようです。

言われてみると、「単純黒子」とはそういうものなのかと
なるほどと納得しますが、特に危険なものではないようですね。

ちなみに、黒子はほくろと読むのですが
「くろこ」と書いて「ほくろ」と読むのは昔の人が考えた
ほくろの当て字なのでしょうかね?

参考URL
http://www.toku-chi2.com/health/special/bn_39/
posted by まい at 16:49 | Comment(0) | ほくろの種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。